建てる前に知りたい。全国の二世帯住宅の平均価格ってどのくらいなのか?

  • URLをコピーしました!

いざ家を建てるという時に、多くの方が気になるのはその価格ではないでしょうか。

他の人はどのくらいの価格で家を建てているのか?

自分が建てようとしている家は高すぎるのか安すぎるのか?

色々な意味で気になるものです。ここでは二世帯住宅をを建てる際の平均価格をざっくりとですが紹介していきます。

目次

二世帯住宅の土地と建物の平均価格はどのくらいなのか

まず、土地代と建物の本体価格についてですが全国平均では3,500万円ほどと大手の住宅情報会社などでは発表されています。

全国的な平均なので、地域によって平均価格は大きく違っていて

日本の首都圏である東京の周辺では全国平均を大きく上回る5,000万円ほどです

約1,500万円ほどの差があることがわかり、やはり地方よりも東京近郊で家を建てるにはお金がかかりますね。。。

一方、例えば秋田県は2,500万円ほどが平均価格で他の地域よりも家を建てやすいことがわかります。

この平均価格には土地代も含まれており、単純な住宅の建築費だけで見ると全国平均は2,200万円ほどです。平均価格はあくまでも平均です。

二世帯住宅を建てる前に知りたい平均価格

同じ家族構成で二世帯住宅を建てることになっても

人によって坪数が違いますので

実際に家を建てる場合には坪数がどのくらいかも重要になってきます。

そこで坪単価の平均も見ていくと

坪単価は全国共通でおよそ50万円というのが平均のようです。

20坪の家なら1,000万円、30坪の家なら1,500万円、40坪の家なら2,000万円ほどになるわけですね。

坪単価もやはり地域差があり、やはり首都圏が最も坪単価の金額も高くなるのですが

それほど大きな違いはありません。

坪単価は地域差よりも、どのハウスメーカーで建てるか?のほうがより重要な話になります。一般工務店や二流メーカーで建てる坪単価は50万円から60万円の間だと考えておけば問題ないでしょう。

平均価格は相場だと考えることができますので、予算の参考になるのはもちろん、値引き交渉の際にも役立つはずです。

注文住宅の平均価格はしっかり把握して家づくりを!

注文住宅はその名の通り、注文どおりに建築してもらう住宅の事です。

ハウスメーカーで家を建てる契約をした後に設計を頼み、その後施工してもらいます。多くの方にとっては間違いなく人生で一番高い買い物という事に間違いはありませんが、その相場は一体いくらなのでしょうか?

完全なオリジナルの注文住宅というのは同じものは二つとない自宅が出来上がります。

二世帯住宅なら、家族構成や動線が単世帯に比べるとより細かく分かれると思うのでオリジナリティが出ると思います。

木造メーカーか、鉄骨メーカーか、家を建てる素材も違えば、広さも施工業者も違うのです。

ですからみんな全く同じ条件で比較する事は出来ません。

しかし平均という事で言えば、住宅金融公庫(フラット35など)から融資を受けて建てた注文住宅の坪単価が参考になります。

都道府県別に分けた、この住宅金融公庫の記録によると、

一番安いのは宮崎県で一坪当たり47.6万円

そして最も高いの東京都で、一坪あたり73.5万円となっています。

この年は、実に坪単価で25万円以上の差がありますね。

これは、人口密度の高さや掛かる人件費が異なる為に生じる差です。

この様に各都市で条件が異なってくる為に、注文住宅の平均価格も都道府県によって大きく異なります。

こうした資料から一坪当たりの全国の平均値を出す事は可能ですがこれほど地域によって開きがあるので、その全国平均は実際に注文住宅を建てるあまり参考にはなりません。

やはり、自分の建てる土地で相見積もりをとったりして、ハウスメーカーを比較するのが一番確実です。


二世帯住宅の価格がわかる絶対条件

二世帯住宅で注文住宅を建てる場合、どのくらいのお金がかかってしまうか不明瞭であることが多いです。

これは注文住宅ならではの悩みであると言えることで、

建て売り住宅や中古の住宅を購入する時には起こりません。何故なら、注文住宅とはすべてを打ち合わせをしてオーダーして建ててもらうものだからですね。

では、どうすれば注文住宅で家を建てる時の価格が分かるようになるのかと言うと、ともかくハウスメーカーに希望を伝えて見積りをとってもらうしか方法はありません。

最初はどのくらいの価格になるのかが解らないので、自分たちの希望する条件をすべて伝えておくと良いですね。

その時、ハウスメーカーの担当者の方で、色々とアドバイスをくれることになりますので、疑問点などがあればしっかりと相談しておきましょう。

ここで1つ気をつけておきたいことがあります。それは1つのハウスメーカーだけではなく、必ず複数のメーカーから見積りをとるようにすることです!

同じ条件であっても、家を建てることになるハウスメーカーによって、大きく見積額が異なってきます。大き時には数百万円といった単位で見積額が異なってきますので、

必ず相見積もりをとるようにして下さい。相見積もりをとるのは大変なことと思いがちですが、

一括で見積もりを使えば、自宅で簡単に見積もり結果をもらえるので

少しでも良い条件で家を建てるためには不可欠のものだと言えるでしょう。

見積りをとることによって、購入する土地の価格、家本体の価格、それ以外の諸費用なども出してもらうこともできます。これらすべての合計が注文住宅を購入する時に支払う金額となりますので、その価格が予算内であるかどうかをしっかりと検討して下さいね。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる