我が家は実家を建て替えて二世帯住宅を建てました。

結婚・子供という大きな転機があって決心したのですが
子供が小さいうちに決断して家を建ててよかったなと思っています。

それまで、結婚して賃貸マンションに住んでいたけれど
実家では母1人で暮らしているので
仕事もしていて元気とはいえど、少々心配でたまに顔を見に帰っていました。

実家も築50年近くになる建物で、あちこち修繕が必要な時期にさしかかっていて
それは母にとっては頭の痛い悩みでした。

ガス屋さんには「ガス管もかなり古いので交換したほうがいい」

と言われて80万円といわれていたり
水道管も錆びが進んでいて、朝蛇口をひねると赤錆がちょっと出始めたり・・・・・

これも交換するのに50万円といわれたり・・・・・

そんななか、消費税や住宅ローンのニュースや話題を聞くたびに
将来家を持つなら早いほうがいいな
と考えたのがきっかけでした。

住宅ローンも、40代半ばの自分が借りるとなると35年のフルローンを組むと
完済年齢は最大の80歳になってしまいます。。。
借り入れ金額も減ってしまうし、返済額も高くなってしまうので
ローン開始年齢が遅くなればなるほど、その分頭金がたくさん必要になってくるし
予算を低くして家を建てなければいけなくなってしまうので
理想の家を建てることがより難しくなってきてしまいます。。。。。

我が家は家族で話し合って
賃貸マンションの契約更新の時期までに
実家を建て替えて、母と一緒に住む二世帯住宅を建てよう
ということになったのです。

母が元気なうちから一緒に住んでいれば
母が孫と一緒に過ごせる時間も増えて
子世帯側としては育児が少しは軽減されるし、

もし介護が必要になっても、一緒に住んでいると
そばにいられるので効率がいいと考えたからです。

一番は、夫・妻・母と一緒に住む予定の家族がたくさん話をして
「この人となら二世帯住宅でも一緒に住めるかな」
と納得して建設することができたのが成功している理由なのかなと思います。

見積もりをお願いしたり、

ハウスメーカーを決めて間取りなどの細かいことを決めていくときには
母「お風呂が1つでいい。私は朝にパパッと入るだけだから」
妻「いつでもお互いが気兼ねなく入れるように2つそれぞれにあったほうがいい」

っと意見が対立することがあったけれど、
住宅メーカーの営業さんが間に入って話をしてくれたというのもあって
ケンカすることなく今に至っています。

”土日に実家に出向く”
という用事が減ったことで、家族で出かける用事も入れやすくなったし
もちろんいいことばかりではないけれど
(親に常に行動が知られているのでたまに何か言われたり・・・笑)
二世帯住宅は悪いことばかりではないなと思って過ごしています。

これをするだけで数百万円無駄にならずに家づくりができるかも!

タウンライフ家づくり


タウンライフ家づくりのサイトで、建設予定地のエリアや家の間取りの希望・資金のこと・土地のことを簡単に選択して依頼すると

  • 間取りプラン
  • 注文住宅費用
  • 土地探しからの場合は土地探し情報

を教えてもらうことができます。

間取りや資料を送ってくれた会社からは
電話がかかってくることがありますが
「展示場へ実際の家を見に来ませんか?」というようなお誘いがほとんどで
強引な勧誘の電話や手紙が来ることはなかったところは無料なのに良心的です。
タウンライフ家づくりで無料で二世帯住宅の間取り作成