”家を建てると決めてから無事に家が出来上がるまでに、一体いくらかかるんだろう?”

と漠然と考える人は多いと思います。

我が家も、何の知識を持たないまま

”家を建て替える”

ということだけを考えてハウスメーカーを決めたりしていたので

いざ契約をして着工するまでのあいだに見積もりをみて

『こんなに金額がかかる項目が多いの?』

と少しビックリしました。っというのも、

家本体にかかる費用だけでは住める家は建てられないと知ったからです

余裕資金があまりない人には大問題です。

住宅ローンを借りるにしても、

住宅ローンの融資資金は家が竣工して引き渡し前に初めて融資が実行されて

何千万円というお金を借りることができます。

 

このお金を借りるまで支払い期限を待っていてもらえる業者さんとの取引きや

支払い期限を延ばせるなら問題なく家づくりができても

 

支払いがすぐに必要なものがある場合もあるので

余裕資金のない家づくりをする予定の人には注意が必要です。

 

二世帯住宅を建てる計画を立てている人も

親世帯・子世帯どちらがどの費用を出すか

や、実家の建て替えなどの場合は解体費用は誰がいくら出すのか?

など細かいお金の話をしなければ先に進めなくなることさえあります。

 

後でお金のことで揉めないように

あらかじめどのぐらいのコストがかかるか頭に入れながら

家づくりをすることは大切です。

家づくりにかかる費用まとめ

まずは

【家本体工事費】

ここはハウスメーカーとの交渉次第で値引きに応じてもらえる部分の

家を建てる上で一番高いメインの部分。

そりゃそうですよね。建物代ですからね。

大手ハウスメーカーだとこの部分が高く、ローコストメーカーだと

ここの部分が低く抑えられているというわけです。

次に

工事代金以外のハウスメーカーにかかる費用は

  • 敷地調査費用・・・敷地の地盤調査にかかる費用。大体5万〜10万円くらいのところが多いよう。敷地調査費無料キャンペーンをやっている会社もある。
  • 設計料・・・建築士が間取りを設計して家のプランを作るのにかかる費用。同じ会社内の建築士の場合は設計料がかからない会社もある。
  • 構造計算費用・・・家の耐震や構造の計算にかかる費用。取られる場合と取られない場合がある。そもそも項目がない場合も。
  • 確認申請料・・・家を建てる前に関係役所への建築確認申請を出してOKをもらってからでないと着工できないので、その申請のために必要な費用。約10万円ほどが相場のよう。
  • 住宅性能評価申請料・・・第三者機関が家を評価してくれ、税制面の優遇などが受けられる制度。評価基準を満たしている家を標準で建てている大手ハウスメーカーなどでも申請するのには別途費用がかかるのがほとんど。相場はメーカーによって7万〜80万とかなり違う。
  • 長期優良住宅申請料・・・こちらも第三者機関が家を評価してくれる制度。こちらの方が住宅ローン控除なども受けられるので申請する人が多いよう。こちらも評価基準を満たしている家を建てているハウスメーカーでも別途申請料が必要。費用は5万〜40万とメーカーによって違う。
  • インテリア設計料・・・ハウスメーカーによってはインテリアコーディネーターが壁紙や床の色などの内装の提案をしてくれ、その場合にかかる費用。

ほかに

  • 屋外電気工事費
  • 屋外給排水工事費
  • ガス工事費

この部分はライフラインの工事なので削ることも値引くことがあまりできない部分。

電気・ガス・水道で大体100~150万円くらいかかるのが相場のよう。

家の大きさや土地の上下水道などのライフラインの設備にもよるでしょう。

    • 空調工事費・・・エアコン工事代。コストを削るなら後付けにする場合も。
    • 照明工事費・・・照明器具をつける器具や本体の工事代。壁付照明は自分では付けられないので
    • カーテン工事費・・・カーテンレール・その取り付け費やカーテン代。カーテンレールって意外と取り付けが難しいんです。
    • 外構工事費・・・家本体代は家の土台部分まで。お庭やカースペース、塀などは外構屋さんにお願いすることになります。外構工事代はしっかりやると結構費用がかかります。

この部分の工事費はハウスメーカーによっても金額が違うし

施主がどの器具をいくつ取り付けるかなどで大きく変わる。

 

そして事務手数料系。ここは外せない項目。

    • 契約印紙代・・・大きな契約をしたらかかりますよね。大体1万円ほどが相場なのでは?
    • 登記費用・・・家を購入したり建て替えたり所有者がかわったら登記の申請が必要です。表示・保存・設定の3項目で相場は約30万円ほどと言われています。
    • ローン事務手数料・・・住宅ローンをハウスメーカーの紹介で組んだりしたときにハウスメーカーに対して払ったりします。
    • 金融機関手数料・保証料
    • つなぎ融資諸費用・・・住宅ローンの融資開始日までにつなぎ融資を行う場合に必要な諸費用。
    • 水道加入金・・・これから水道を利用する人が払う加入金。水道メーターなどの費用水道管の太さで金額が変わる。市区町村によって違う。
    • 水道局納付金・・・水道管を自分の敷地へ引き込む工事をした時などに発生する費用だそう。

この事務手数料は払う人払わない人、いくらかかるかは様々な項目。

 

この他にかかるのは、土地を購入して家を建てる人は

土地代。

  • 土地購入にかかる仲介手数料
  • 売買契約印紙代
  • 登記費用

がかかります。

 

建替えをする人は

  • 借り住まい費用(家賃・水道・光熱費)
  • 借り住まい先への引っ越し代(2回分)

も必要ですね。

 

そして新居が完成する頃に必要なのが

新居の火災保険料

一括で支払うと割安になったりするので10年分一括払いとなると

計上しておかないと何十万という意外といい金額になります。

 

火災保険は家を建てている間にも見積もりをお願いすることができます。

自分の新居がいくらになるか?

更新のときに他社といくら変わるのかここから簡単に一括見積もりができます

火災保険を簡単一括見積もり

 

ここまではハウスメーカーや工務店との打ち合わせのなかで見積もりとして大まかに提示される項目です。

ここからは新居の引き渡し後に書面で役所などから送られてくる税金関係。

固定資産税・・・家や土地を所有している人なら誰にでもかかる税金。 1月1日時点での所有者にかかる税金で、新居に入居後市区町村の担当者が家屋調査をしに来る。

不動産取得税・・・土地や建物を取得した人にかかる税金。減免措置があるので封書で来たものが減免措置後の金額なのかは自分で確かめる必要がある。我が家は再計算をしてもらって約10万円の税金が免除になりました。

 

固定資産税は頭にあったので、どのくらいかかるのか家屋調査に人に聞いたりしていたけれど

不動産取得税は色々な手数料とともに土地の売買の時に済んだと勝手に思ってしまっていたので

封書が来たときに”こんなに高いんだ・・・”

と思ったのですが、家屋調査に来た役所の人に言われた通り、図面などの書類を添付して県税事務所へ再計算をお願いしたら、0円になりました。

 

計算方法はそれぞれの家の事情によってなので0円にならない家もあると思いますが

役所の人まかせ、ハウスメーカーの営業まかせではなく、自分でしっかり調べて行動してみたほうがいいものです。

 

細かいことを書けばキリがないのですが

家を建てるときに必要な大まかな費用のまとめでした。

これをするだけで数百万円無駄にならずに家づくりができるかも!

タウンライフ家づくり


タウンライフ家づくりのサイトで、建設予定地のエリアや家の間取りの希望・資金のこと・土地のことを簡単に選択して依頼すると

  • 間取りプラン
  • 注文住宅費用
  • 土地探しからの場合は土地探し情報

を教えてもらうことができます。

間取りや資料を送ってくれた会社からは
電話はかかってきますが
「展示場へ実際の家を見に来ませんか?」というようなお誘いがほとんどで
強引な勧誘の電話や手紙が来ることはなかったところは無料なのに良心的です。
タウンライフ家づくりで無料で二世帯住宅の間取り作成