注文住宅を建てると決めてからどのハウスメーカーで家を建てるか?
決める1つの基準で”坪単価” のをよく見ませんか?

確かに、どこの住宅メーカーが安いか?高いか?を決める一つの指標にはなるけれど
これだけを見て住宅メーカーを決めたらとってももったいないです!
なぜかというと、あくまでも一般的な数字であって
正しい知識をもって、家造りの工夫すれば建てたいメーカーでマイホームを持つことは可能だからです!

坪単価で見る注文住宅ランキング

坪単価が30万円~50万円くらいまでのハウスメーカーは”ローコストハウスメーカー”と呼ばれ
坪単価の高いメーカーは”大手ハウスメーカー”がほとんど。

地元の工務店などにお願いする場合も、ローコストハウスメーカーに近い坪単価でと言われる場合が多いよう。
参考までに一般的に言われる坪単価ランキングです

坪単価30万円~50万円のハウスメーカー

ローコストハウスメーカーと言われるメーカー。
最初の建物代は安いけれど、豪華な装備などのオプションを付けていくと結局安くないのがデメリット。

  • アイフルホーム
  • アエラホーム
  • アキュラホーム
  • クレバリーホーム
  • セルコホーム(規格住宅)
  • タマホーム
  • 富士住建
  • ヤマト住建
  • ヤマヒサ(規格住宅)
  • ユニバーサルホーム
  • レオハウス

坪単価50万円~65万円のハウスメーカー

木造住宅を作る会社がこの価格帯に多い。

  • イシンホーム
  • 一条工務店
  • ヤマダS×L
  • サーラ住宅
  • 住友不動産
  • セルコホーム(2×6住宅)
  • 土屋ホーム
  • 東急ホームズ
  • 東日本ハウス
  • 桧家住宅
  • フジ住宅
  • 無添加住宅
  • ヤマヒサ(注文住宅)

坪単価66万円~万円のハウスメーカー

鉄骨系の住宅メーカー・大手メーカーの多くがこの価格帯。

  • セキスイハイム
  • ミサワホーム
  • 住友林業
  • 大成建設
  • 大和ハウス
  • 三菱地所ホーム
  • 無印良品の家
  • パナホーム
  • トヨタホーム
  • レスコハウス
  • JPホーム
  • 近鉄不動産
  • スウェーデンハウス
  • へーベルハウス
  • 三井ホーム

坪単価を見た上での注意点!!!

上のリストを見ていると、ローコストハウスメーカーと大手ハウスメーカーには
坪単価で約30~40万円の差が。

40坪の家を建てたと考えると約1200万円~約3000万円と
約1800万円も違う!!ということに。

でも。ホントにこんなに違った値段で注文住宅が建てられるのか???
は、建てる人の考え方によってだと思います。

大手ハウスメーカーで建てれば、建物代金は高いけれど
アフターサービスも24時間電話対応してくれて何かあったらすぐに対応してもらえる安心感があるけれど

ローコストハウスメーカーで建てた場合、
大手ほどの保証やアフターサービスはきっちり受けられない場合が多い。

大手ハウスメーカーの場合、
建物の耐震性能・劣化対策等級などの長期優良住宅の認定が得られる基準の家を建てるのが標準仕様です。
ローコストハウスメーカーの場合、
耐震等級が2等級なのが標準というハウスメーカーも多くあり
坪単価の高いメーカーでは標準仕様のものがオプション扱いになっている
という場合が結構多くあります。

こういった違いを知ったうえで
どのハウスメーカーで家を建てるのかを決めていくと、後悔の少ない家づくりができますよ!

これをするだけで数百万円無駄にならずに家づくりができるかも!

タウンライフ家づくり


タウンライフ家づくりのサイトで、建設予定地のエリアや家の間取りの希望・資金のこと・土地のことを簡単に選択して依頼すると

  • 間取りプラン
  • 注文住宅費用
  • 土地探しからの場合は土地探し情報

を教えてもらうことができます。

間取りや資料を送ってくれた会社からは
電話はかかってきますが
「展示場へ実際の家を見に来ませんか?」というようなお誘いがほとんどで
強引な勧誘の電話や手紙が来ることはなかったところは無料なのに良心的です。
タウンライフ家づくりで無料で二世帯住宅の間取り作成